赤ちゃんの夜泣きをやめさせる最良の方法

おっぱいでもおしめでもない、赤ちゃんの夜泣き。
いろいろ手をつくしてみても、なかなか泣き止んでくれません。
それが每日だと、神経がすり減ってしまいますよね。

そんな赤ちゃんの夜泣きをやめさせる最良の方法。
それは、

無理に泣き止まさせようとしないこと

です。

拍子抜けしてしまいましたか?
でも、これは本当なのです。

赤ちゃんが夜中泣きだすと、お母さんはあわてて泣き止ませようとしてしまいがち。
そうすると、赤ちゃんは「お母さんが自分のことを邪魔者あつかいしている」と感じてしまうのです。
赤ちゃんは泣くことで意思表示をしています。
でも、無理に泣き止まそうとすると、その意志が伝わっていないことに赤ちゃんはよけいむずかってしまうのです。

逆に、赤ちゃんが夜中泣き始めても、それをお母さんが受け入れることで、赤ちゃんは気持ちが通じたと感じ、安心して眠ることができるのです。

赤ちゃんの夜泣きをやめさせるには、夜泣きを否定するのではなく、泣いている赤ちゃんの側にたって、味方でいてあげることです。
夜中の大泣きはお母さんにとってものすごいストレスになりますし、イライラする気持ちはわかりますが、そのイライラを赤ちゃんにぶつけたり、気づかれたりすれば、赤ちゃんはもっと不安になって泣いてしまいます。
できるだけ大らかな気持ちで接してあげる事が夜泣きをやめさせる最良の方法なのです。